中性脂肪のとり過ぎが肥満の原因になる

中性脂肪をとり過ぎてしまうことは、肥満の原因になってしまいます。肉類の料理を多く食べるとやはり中性脂肪はたまりやすくなってしまい、そのせいでブクブク太ってしまうことも考えられます。そうなれば生活習慣病を引き起こしてしまいますから、それは予防しなければいけません。
そのためには肉料理ばかりを好んで食べるのではなく、バランスの良い食生活にしていくことが大事です。

▼中性脂肪に関する情報はこちら▼
中性脂肪を減らしたい方へ中性脂肪値を下げる3つの方法

ですので、そのことに気をつけてこれから日常生活を送っていきたいです。。

中性脂肪対策は食事の見直しから

中高年になると気になる中性脂肪の事・・私もその一人です。色々調べてまずは食事面の改善が必要だと分かりました。
大好きだった肉や揚げ物を減らし、毎晩の晩酌を減らすことから始めてみました。劇的な変化をするわけではありませんが、今始めなければ酷くなる一方だろうと決心し、毎日続けています。
次の健康診断までに何とか下げられればいいな、と良い結果を夢見ながら、毎日を過ごしています。
ある程度の年齢になると、食事には気をつけないといけませんね。

とうとうメタボになっちゃったかも!?

以前はちょっと食べ過ぎても、3日もすれば戻ったのに、最近着実にお肉が増えている気がする…テレビや雑誌で見かけるメタボ問題や中年太りなどのキーワードが気になって仕方がない今日この頃です。
恐ろしくてついつい体重計を避けてしまっているのですが、本当に出てきたお腹や二の腕の太さが戻りません。お腹をモミモミしたり、外出時に少し遠回りして歩く時間を増やした程度じゃ全然効果なし!
というわけで、まずはできることからと少し前から食生活の改善に取り組んでいます。お米の量を少し減らして魚料理(特に青物)を食べる日を増やすことと、お酒を飲む回数を減らすこと。
まだ目に見える効果はありませんが、あせらず継続していこうと思っています。